横須賀市、逗子市、葉山町、横浜市のお客様を中心に「居住空間を探求し創造する」をコンセプトとし、リフォームをしております。

クエストルームがおすすめする太陽光発電

 

●太陽光発電について

1 仕組みについて

「太陽光発電」とは、太陽の光エネルギーを「太陽電池」で受け、電気エネルギーに変える発電システムのことです。屋根の上のパネルは太陽電池モジュールといって、太陽の光から電気をつくる発電部分。ここから、パワーコンディショナー分電盤を通して、家庭で電気を使えるようになります。さらに電力メーターを通して、余剰電力を売ったり、足りない電力を買ったりするしくみになっています。

巨大なエネルギーでありながら、太陽の光エネルギーは、石油や石炭資源のように、いつか使い尽くしてしまう心配がありません。発電する際のCO2排出量はゼロなので地球温暖化の原因のひとつである二酸化炭素の排出量を大幅に削減できると期待されています。

2 メリット

・光熱費を削減します。

・発電して使い、余った電気は電力会社に売ることができます。

・地球環境へ貢献できます。

3 売電について

太陽光発電システムによって発電された電力のうち、余った余剰電力を電力会社に買取りをしてもらう制度です。2009年11月より電力の買取価格(売電価格)が約2倍になり、ますます注目が集まっています。

太陽光発電システムは朝日とともに発電を始め、太陽光が降り注ぐ昼間に太陽光発電システムの発電量はピークとなります。そして夕日が落ちて夜になると、発電は停止します。システムが発電した電力は、家庭内の電力に使用されます。太陽光発電の発電量が使用量を上回る場合は、電力会社との契約によりその余剰電力を電力会社に売ることができます。

4 補助金・制度/代行について

太陽光発電導入補助金(助成金)制度について

太陽光発電システム導入支援の補助金は、国と地方自治体による補助金があります。2つの補助金を併用することもできますがそれぞれ条件があります。それぞれの違いについて確認しましょう。

 

 

平成24年度補助金制度の概要

太陽電池モジュールの公称(カタログ値)の公称最大出力1kW当たり35,000円 、または30,000円を、国が補助してくれる制度です。

  • 1kW当たりの補助対象経費により、補助金の単価が2段階の設定となります。

    1kW当たりの補助対象経費(税別)は、

    補助対象経費(税別) ÷ 設置する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値で算出します。

    ※太陽電池モジュールを10kW以上設置の場合でも9.99kWで算出してください。

応募期間
2012年4月19日(木)~2013年3月29日(金)必着
対象者
住宅に対象システムを設置しようとする個人又は法人

  • 条件1.電灯契約を結んでいる個人又は法人(個人事業主を含む)

    ただし、太陽光発電システムを設置して住宅を第三者に賃貸を行う場合は、その賃借人が電灯契約を結ぶこと
  • 条件2.個人の場合は、国内クレジット制度に基づく排出削減事業等について実施に関する意思表明をすること(23年度追加要件)
対象システム
  • 1.低圧配電線と逆潮流有りで連携していること
  • 2.変換効率が一定の数値を上回るもの(太陽電池の種別ごとに基準値を設定)
  • 3.一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること
  • 4.公称最大出力が10kW未満で、かつシステム価格が60万円(税抜)/kw以下であること

 

 

 

さらに、地方自治体の補助制度が併用できます。

国の補助金(住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金)と、地方自治体の補助金制度を併用すれば、購入時の費用負担を軽くすることができます。※1 ※1 国、都道府県の補助を併用する場合は、補助金額が下げられる地方もあります。地方自治体によっては補助制度がない場合もあります。

●太陽光導入までのながれ

1 お問い合わせ

太陽光発電に関する疑問や、工事に関するご質問など、細かい事でも結構です。

疑問点はどんどんぶつけて解消してください。

お電話やFAX、メールでお問い合わせ下さい。

TEL 0120-73-5868

FAX 046-850-5869

メール info@shiageya.jp

2 現場調査・カウンセリング・診断

工務担当者がお客様宅にお伺いし、工事前の現地調査を行います。

日照は十分に得られるか?パネル設置に適した屋根面はどれくらいあるか?ということから、屋根の強度は大丈夫か?屋根材はどんなものか、劣化は進んでいないか?など安全確認や、内線(電気工事)経路の確認、太陽電池・パワーコンディショナ・リモコン・売電メーター取り付け位置の確認をさせて頂きます。現場の状況を詳細に把握し、安全に作業が行えるようにします。

3 ご提案・お見積り・シミュレーション

太陽光発電を導入したら、どのくらい光熱費が削減されるのかシミュレーションし、お客様にとって最適なプランを見つけ、ご提案します。 お客様には設置イメージ、経済シミュレーション、お見積りなどをお渡しして、ご検討いただきます。

4 ご契約

プランが決まりましたらご契約となります。最終現地調査や設置工事の日程を決めます。補助金申請や電力会社の契約変更など、全て当社が代行いたしますのでお任せ下さい。

5 設置・引き渡し

設置工事の期間はお客様によって異なりますが、大よそ1~3日で終了いたします。

電気工事も平行して行われますので、途中で電気の供給が一時的にストップしますので、ご協力お願いいたします。

施工完了後、電力会社での手続が完了しますと、お客様の太陽光発電システムが電力会社と接続され、運転開始となります。

●アフターメンテナンス・点検・保障びついて

1 アフターメンテナンスについて

モジュール設置後にトラブルがあってもお任せ下さい。迅速に対応致します。 オール電化製品や周辺機器についてもメーカー保証やサポートがありますので安心です。

2 点検について

太陽電池モジュールがきちんと固定されているか、破損や汚れがないか、発電は適切に行なわれているか、取付金具にゆるみはないか、電気系統の配線、接続は問題ないかなど点検いたします。

基本的に4年ごとに定期点検をいたします。こちらの点検は費用がかかります。メーカーにより異なりますが、大体2~4万円/1回くらいです。

3 保障について

太陽光発電システムを正常に使用したにもかかわらず下記の不具合が発生した場合は、保証書記載の保証条件に従いシステム設置後、10年間無料で修理、または交換を行います。

■システム構成機器に不具合が生じた場合

■設置工事が原因で家屋に不具合が生じた場合

■太陽電池モジュールの出力が保証値を下回った場合

■設置工事が原因でシステムに不具合が生じた場合